OOKABE GLASS SDGs宣言|OOKABE GLASS株式会社

ESG 環境・社会・ガバナンス
OOKABE GLASS SDGs宣言
「OOKABE GLASS株式会社 SDGs宣言」
を策定

ESG経営を行うためにSDGsへの取り組みは不可欠です。当社では、持続可能な社会の実現に向けた当社の方向性を示す「OOKABE GLASS株式会社 SDGs宣言」を策定しました。

「商品・サービス」「環境」「人権・働きがい」「地域・社会貢献」の4つのテーマにおいて方針を策定しています。その中でも特に「環境」のテーマでは、環境に優しい建築資材の訴求や最小限のダンボール梱包など、建築・建材業界に関わる当社ならではの取り組みを行っています。

4つのテーマにおける方針
商品・サービス

EC事業とメディア事業の両面から建築・建材情報を発信することで、建材の魅力に誰もがアクセスできる場をつくり、建築業界をよりクリエイティブに変えていきます。

1
人権・働きがい

多様な人材の雇用や柔軟な働き方の推進、従業員の健康維持活動を通して、当社に資するあらゆる人材が働きやすい職場環境を目指します。

2
環境

省エネ性能の高い製品・サービスの訴求やCO2の排出量削減、廃棄物の適正処理などに取り組み、当社ならではの事業活動による環境負荷軽減及びカーボンニュートラルに貢献します。

3
地域・社会貢献

地元人材の継続的な採用活動や地元資源の積極的な利用、地域振興への取り組みにより、地元福井のさらなる活性化に貢献します。

4
各目標における主な取り組み
あらゆる年齢のすべての人々の
健康的な生活を確保し、
福祉を促進する

製品安全に関する方針・目標・組織体制・基準等を定め、自社の製品・サービスの安全性を確保するための仕組みを構築。

社員の健康維持に関する方針の策定や、メンタルヘルスを良好に保つための施策を実施。

作業中の事故等を防ぐため、労働安全性に関する方針やルールを社内規定で制定。

定期健康診断や朝礼時のラジオ体操の実施など、従業員への健康投資に取り組み、健康経営優良法人認定を取得。

すべての人に包摂的かつ公正な
質の高い教育を確保し、
生涯学習の機会を促進する

一級建築士や建築士を目指す学生向けメディアを開発・展開。

SDGs私募債発行により、県内の教育やスポーツ振興に貢献。

ジェンダー平等を達成し、 すべての女性及び女児の
エンパワーメントを行う

女性活躍推進企業の認定を取得。

女性の雇用比率60%、役員起用など多様な人材が活躍。

すべての人々の、
安価かつ信頼できる持続可能な
近代的なエネルギーへの
アクセスを確保する

LEDライトや再生可能エネルギー、グリーン電力等の省エネ機器を導入。

包摂的かつ持続可能な経済成長及び
すべての人々の完全かつ
生産的な雇用と
働きがいのある人間らしい雇用
(ディーセント・ワーク)を促進する

経営理念・経営目標を明文化し、社内に掲示。経営者が上記について周知・浸透させるための活動を実施。(週次会議で共有)

ハラスメントの禁止について就業規則などで定め、問い合わせ窓口を設置。

適切な労働慣行を実現するための方針やルールを、就業規則や社内ルールで制定。

過度な長時間労働が行われないよう、毎月残業時間を確認。

在宅勤務・時短勤務の導入など、多様な人材が活躍できるような制度を実施。

強靭(レジリエント)なインフラ構築、 包摂的かつ持続可能な産業化の促進
及びイノベーションの推進を図る

商標、特許等の知的財産権の取得・管理に関するルールがあり、専門家に商標確認を、弁護士に契約書作成を依頼。

事故や災害、感染症などの発生時に備えて連絡網を整備。

クレーム管理手順を定めるなど、不具合発生時の対応が整備されており、品質を保証するための仕組みを構築。

商品やサービスの不具合があった場合は、週次会議で確認・再発防止を指導。

高品質の製品とサービスを提供するための管理手順を明確化。

プライバシーマーク取得の取り組みを実施中。

建築・建材のメディア事業により、デジタル技術を用いた「情報共有の場」を提供。

包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)
で持続可能な都市
及び人間居住を実現する

福井経済同友会にて、地域経済社会の活性化や発展に貢献。

梱包用ダンボールに地元企業の製品を採用。

地元人材を積極的に採用。

毎年、地元地域の公園清掃を実施。

持続可能な消費生産形態を確保する

使用済みガラスの回収・再利用に繋げるサービスを提供。

耐衝撃性のあるダンボールで梱包し、最小化。

気候変動及びその影響を
軽減するための緊急対策を講じる

断熱・遮熱性能の高いエコガラスを訴求。

電力等、自社のエネルギー使用量を把握。

自社が排出する温室効果ガス(二酸化炭素、フロンガス等)の排出場所を把握。

往訪営業・MTGを廃止するなど、温室効果ガス排出削減の取組みを実施。

陸域生態系の保護、回復、
持続可能な利用の推進、
持続可能な森林の経営、
砂漠化への対処ならびに
土地の劣化の阻止・回復
及び生物多様性の損失を阻止する

カーボンニュートラルに貢献する、環境性能が高いガラスを訴求。

ガラス回収サービスを提供。

持続可能な開発のための平和で
包摂的な社会を促進し、
すべての人々に司法へのアクセスを提供し、 あらゆるレベルにおいて効果的で
説明責任のある包摂的な制度を構築する

CSRやリスクマネジメントを推進する担当者を任命。

不正な競争・取引の禁止、汚職・贈収賄の禁止や法令遵守(コンプライアンス)、個人情報保護に関する方針やルールについて、就業規則で明示。上記の徹底について週次会議で確認。