STAFF

スタッフ紹介

  • 吉田 尚史

    Webデザイナー

    4年目/中途採用

    福井大学卒業。学生時代からWebデザインに強く興味を持ち独学、大学時代には情報系の学科でプログラミングを学びました。その後Web制作会社での4年弱のデザイナー経験を積み、当社に入社。休日はカメラを持って友人・家族とドライブ・観光に行くことが多いです。

  • 仕事のやりがい 結果を出すために自分たちで施策を考え実行する社風。
    「会社はやりたいことをやる場ではない!」これは、代表がよく口にする言葉です。こう書くと「え、やりたいことがやれない会社なんてブラックじゃん!」と思われる学生さんも多いのでは?しかし、考えてみてください。「好き勝手に何でもできる会社 = ホワイト」という定義、これは会社として継続するでしょうか。会社から支払われるお給料、これはどこから生まれるのでしょうか。9:00~18:00まで働けば勝手に泉のように湧いてくるのでしょうか。僕たち社員が好き勝手にやりたいことをやっていては、お給料の源である売上・結果は生まれません。「会社は好きなこと・やりたいことをやりに来る場」ではなく「結果を生みだしに来る場」。そう考えられる方と私たちはお仕事を共にしています。お客様に喜ばれる商品・サービスを企画し、私たちの事業基盤も大きくしていく。そして更にお客様に喜ばれることをしていく。ガラス・鏡のネット販売事業から始まり、建材業界にまつわる新しいアイデアが日々社内から挙がっています。「考える」のが得意な社員、「実行する」のが得意な社員。それぞれが得意な役割をしっかりと分けて、一丸となって頑張っています。
    解放していること 仕事とプライベートを分けずに「学び」を双方で活かす
    僕は仕事も趣味のような感覚で取り組んでいます。「仕事は仕事、プライベートはプライベート」ときっちり分けたがる考えも1つありでしょう。僕は真逆ですが、これは良し悪しではなく、あくまでも僕のスタンスです。学んだことは人生の中でプライベート・仕事関係なく活かしていきたいと思っています。「学び」に対して敏感でいたい。仕事に取り組んで得たものはプライベートにも活きていますし、プライベートで学んだことが仕事に活きることも多々あります。生きている中で体験したことはすべて知識になりますし、経験になります。それが1つずつ積み上げられていくと思うと1日1日ムダにできないですね!
  • 入社の決め手 代表が抱く事業展開・会社のあり方の考え方に強く共感。
    当社に入社するまでは様々な企業様のWebサイトを作り納品することが多かったのですが、僕の中で「自身が作ったサイトがお客様の役に立っているのかな?」こんな疑問・モヤモヤを感じていました。Webデザイン・コーディングは元々から好きなことでしたが、次第に「自身が在籍する会社・事業のサイトを育てていく」お仕事に挑戦してみたいと思うように。そうした中で代表と出会い、これからの事業展開、また代表が抱く会社のあり方に対する考え方に強く共感したことがきっかけです。代表も僕も共に強く「縁」を感じた瞬間でした。今でも時折そうした話を代表とします。
    入社してよかったこと 代表が社員一人ひとりの成長を心から願っている。
    代表が何よりも僕たち一人ひとり「スタッフの成長」を心から願っていること。そして誰よりも「敏感なところを察知する」能力にはいつも驚かされます。様々な役割・チャンスを与えてくれ、他の会社様と大きく違うと感じるのは「それができるからやらせる」のではなく「伸びそうだから・資質があるから任せる」というスタンスです。僕も入社してから、様々な経験を経て一歩一歩成長の機会に巡り合ってきたように思います。なかなか自分一人では一歩を踏み出せないこと、そもそも自身が気付いていない能力に気付かせてくれる。そんな代表いて、場があることに毎日感謝の気持ちでいっぱいです。

TIME SCHEDULE

ある1日のスケジュール

6:30
起床。朝は必ず和食、ガッツリ食べてきます。
8:20
出社。毎週水曜日は「KABE塾」で20分間トークします。
8:55
チームメンバーとその日のタスクを共有し、業務にあたります。
9:00
意元・髙松と共にガラス・鏡の販売サイトのページ改善・施策を練り、制作メンバーに指示をします。
12:00
業務中になかなか話せない女性スタッフさんの中に混じって昼食を食べます。
17:00
弊社運用の「CLASS1 ARCHITECT PORTAL」の仕組み作りで、運用スタッフの効率化を図っています。
19:00
退社。
20:00
帰宅。考え方・教養を身に着ける書籍を読んだり、KABE塾で共有したいことを考えます。
入社を希望している方へ 向けてのメッセージ 共に創意工夫を楽しめる方と一緒にお仕事がしたい。
入社を希望する会社の経営者と自分の志のベクトルの向き先が合っているかどうか、ここは本当に大切なことだと思います。これはどの会社に勤められる場合も同じことですが、代表の志向とベクトルの向き先が違うと辛くなり不満が募ります。単に「早く内定を決めたいから」「勤務条件が良いから」「仕事内容が楽しそうだから」という安直な気持ちで会社を選ぶとこうなります。「なぜ当社を強く希望したのか」、是非ご自身の胸に手を当ててじっくりと考えてくださいね。代表も僕たちもそうですが、共に前を向いて業務を進めていける方を待っています。